月鼈雲泥【げつべつうんでい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
月鼈雲泥

【読み方】
げつべつうんでい

【意味】
月とすっぽん、雲と大地。大きく相違していることのたとえ。

「月鼈」は、月とすっぽん。「雲泥」は雲と大地。

【類義語】
・雲壌懸隔(うんじょうけんかく)
・雲壌月鼈(うんじょうげつべつ)
・天地懸隔(てんちけんかく)


月鼈雲泥(げつべつうんでい)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんって学校一のイケメンよね。
健太
そうなんだ。自慢の兄さんなんだよ。
ともこ
健太くんとは似てなくて、月鼈雲泥ね。
健太
はっきり言ってくれるねえ。

月鼈雲泥(げつべつうんでい)の例文

  1. 兄は医師でお金持ちだが、僕は売れないミュージシャンで月鼈雲泥である。
  2. 同じ学校を卒業したのに、今の境遇は月鼈雲泥だ。
  3. 大豪邸の隣の家を見てから僕の家を見ると、しみじみ月鼈雲泥だなと思う。
  4. ともこちゃんとお姉ちゃんは、月鼈雲泥だなどと言われるが、お母さんは、二人に分け隔てなく愛情を注いでいる。
  5. スポーツ万能の健太くんと僕を比べると、月鼈雲泥でみじめに感じる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事