千古不易【せんこふえき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
千古不易

【読み方】
せんこふえき

日本漢字能力検定
5級

【意味】
永遠に変化しないこと。価値などが長年にわたり変化しないこと。「千古」は太古、遠い昔。また、そのときから現在に至るまでの長い時間。「不易」は変化しないこと。「易」を「えき」と読むときは変わる、変化するの意。

【類義語】
・永遠不変(えいえんふへん)
・千古不朽(せんこふきゅう)
・千古不抜(せんこふばつ)
・千古不変(せんこふへん)
・千古不磨(せんこふま)
・千載不易(せんざいふえき)
・万古不易(ばんんこふえき)
・万世不易(ばんせいふえき)
・百世不磨(ひゃくせいふま)

【対義語】
・一時流行(いちじりゅうこう)

【英語訳】
unchangeable/unceasing/everlasting/perpetual


千古不易(せんこふえき)の使い方

健太
ともこちゃん、今日は海に来てよかったね。
ともこ
そうね。打ち寄せる波を見ていると、なんだか心が落ち着くわ。
健太
泳いで遊ぶのも楽しいけれど、秋の海もいいものだね。
ともこ
千古不易の自然の営みとは、不思議なものね。

千古不易(せんこふえき)の例文

  1. この山々の景色は、千古不易なものだ。
  2. 文学とは、千古不易の価値があるものだと思う。
  3. 千古不易の作品を作るだなんて言い出すものだから、みんな驚いてしまうじゃないか。
  4. 自然の営みというものは、千古不易だと思いを馳せてみるのもいいだろう。
  5. 変化の多い時代だけれど、だからこそ千古不易というものを大切していきたいと思っている。

まとめ

千古不易というように、永遠に変化しないことは、それほど多くないのではないでしょうか。
しかし、変わらないことも必要なのではないでしょうか。
また、長年に渡って価値が変化しないものは、これからも大切に守り続けていきたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事