後生菩提【ごしょうぼだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
後生菩提

【読み方】
ごしょうぼだい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
来世に極楽往生して悟りをひらくこと。仏教の語。

【語源・由来】
「後生」とは、死後に生まれ変わること。また、死後の世のこと。来世。「菩提」とは悟りの境地のこと。死後の冥福。

【類義語】
・後世菩提(こうせいぼだい)


後生菩提(ごしょうぼだい)の使い方

健太
来世こそは、今度こそは後生菩提したいなあ。
ともこ
健太くんはまだまだ無理よ。もっと功徳を積まないと来世もその次もその次の次もきっと後生菩提は無理ね。
健太
そんなあ。後生だから、そろそろ仏様の側に行かせてほしいな。
ともこ
健太くんは素行が悪いから、来世は人間どころか、テントウムシかもしれないわね。

後生菩提(ごしょうぼだい)の例文

  1. ともこちゃんのご先祖様は、後生菩提を願って、この地にお寺を建立したと言われています。
  2. 健太くんは、後生菩提のために、年に何回か写経を書き、お寺に納めているそうです。
  3. 自身の後生菩提を弔うために、寺院に土地を寄進する人が後を絶ちませんでした。
  4. 功徳を身につけ、後生菩提を祈るために真言を唱えました。
  5. 健太くんは、後生菩提のために、便利な生活を捨て、長い間山にこもり、厳しい修行を積みました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事