敲金撃石【こうきんげきせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
敲金撃石

【読み方】
こうきんげきせき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
金を敲き石を撃つ」とも読み、詩文の響きや韻律が美しいことのたとえ。

【語源・由来】
韓愈「代張籍与李浙東書」より。「敲金」は鐘などの金属の打楽器を敲くこと。「撃石」は磬などの石の打楽器を打つこと。もとは張籍の詩を金石のような美しい音色だと韓愈が評した言葉。

【類義語】
・敲金戛玉(こうきんかつぎょく)
・吹竹弾糸(すいちくだんし)


敲金撃石(こうきんげきせき)の使い方

ともこ
谷川俊太郎の「かっぱ」という詩を知っている?
健太
うん。知っているよ。かっぱかっぱらったかっぱらっぱっかっぱらったでしょう?
ともこ
敲金撃石よね。うまく韻を踏んでいるし、良いリズムよね。
健太
こういう詩を作ることが出来たら、女の子にもてるようになるかなあ。

敲金撃石(こうきんげきせき)の例文

  1. たった17文字ですべてを表現しきらなくてはいけない俳句は、敲金撃石で日本の宝です。
  2. マザーグースの歌は、英文で読むと敲金撃石であることに気がつきますよ。
  3. ミスチルの歌は、敲金撃石が多く、言葉遊びの天才と言われています。
  4. ラップは韻を踏んでいるけれども、敲金撃石だとは思えません。
  5. 敲金撃石な詩を作るには、言葉のセンスが必要ですよね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事