枯樹生華【こじゅせいか】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
枯樹生華

「枯樹生花」とも書く。
「枯樹、華を生ず」とも読む。

【読み方】
こじゅせいか

【意味】
非常な困難の中で活路が開かれるたとえ。また老い衰えた人が生気が取り戻すことのたとえ。

【語源・由来】
枯れ木に花が咲くという意味で、もとはこのうえない真心が万物を感動させるという意味。

【典拠・出典】
『続博物志』「七」

【類義語】
・枯木生花(こぼくせいか)
・枯木生葉(こぼくせいよう)
枯木竜吟(こぼくりょうぎん)


枯樹生華(こじゅせいか)の使い方

健太
足を骨折してから寝たきり状態だったおじいちゃんが、看護師さんに恋をしてから枯樹生華されたんだよ。
ともこ
へえ。恋ってすごいわね。生きる気力がわいてきたのね。
健太
そうなんだ。今では、杖があれば自力で歩けるまでに回復したんだよ。
ともこ
恋は医学の力を超えることもあるってわけね。

枯樹生華(こじゅせいか)の例文

  1. 資金繰りが悪化して倒産の危機にあったけれども、融資してくれる人が現れ枯樹生華となりました。
  2. 人質の解放は難しいという見方でしたが、無事解放され、枯樹生華に終わりました。
  3. 都内の一等地に児童相談所を建設すると発表したら、近隣住民から猛反対がありましたが、根気よく説得し枯樹生華に終わりました。
  4. 病気で余命一年といわれていましたが、新薬が開発され、枯樹生華されました。
  5. 不幸が重なり、落ち込んで誰も救うことができなかった健太くんですが、ともこちゃんの一言で枯樹生華されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索