傲然屹立【ごうぜんきつりつ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
傲然屹立

【読み方】
ごうぜんきつりつ

【意味】
誇らし気にそびえたつさま。堅固で揺るぎないさま。

「傲然」は、おごりたかぶるさま。「屹立」は、山などが高くそびえたつこと。人が少しも動かず直立しているさま。

傲然屹立(ごうぜんきつりつ)の使い方

健太
ともこちゃん。あれが東京スカイツリーだよ。
ともこ
うわあ。近くで見ると傲然屹立ね。
健太
遠くからでもよく見えるけれども、近くで見ると、また格別だよね。
ともこ
下から見てるだけじゃもったいないわ。折角だから、展望台にのぼりましょう!

傲然屹立(ごうぜんきつりつ)の例文

  1. 健太くんは、傲然屹立している富士山が大好きだ。
  2. 傲然屹立という感じでそこにあった山が、噴火で山体崩壊するなんて未だに信じられない。
  3. スカイツリーのおかげで影が薄くなっている東京タワーだが、健太くんには傲然屹立しているように見えるんだ。
  4. あの山は、傲然屹立、何千年もそこにあり、人々の暮らしを見守り続けてきた。
  5. ともこちゃんは、傲然屹立としている山を見ると登りたくなる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事