鴻漸之翼【こうぜんのつばさ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鴻漸之翼

【読み方】
こうぜんのつばさ

【意味】
異例の出世をする優秀な人材、また、大きな事業が成功する人物のこと。

「鴻」は、想像上の大きな鳥。鵬(ほう)。鳳凰(ほうおう)など。

【語源・由来】
ひとたび飛翔すれば千里をすすむといわれる鴻の翼から転じた語。


鴻漸之翼(こうぜんのつばさ)の使い方

健太
ともこちゃんは鴻漸之翼だね。
ともこ
自分でも、あの大事業を成功させることができるとは思わなかったわ。みんなの協力のおかげよ。
健太
いやいや、ともこちゃんのリーダーシップのおかげだよ。
ともこ
鴻漸之翼といわれるのはうれしいけれども、調子に乗らずに、皆のおかげだということを胸に、謙虚にこれからも頑張るわ。

鴻漸之翼(こうぜんのつばさ)の例文

  1. 13人抜きで常務から頭取に出世した健太くんは、鴻漸之翼と称されている。
  2. 落語家の健太くんは、真打に9人追い抜いての抜擢昇進となった鴻漸之翼だ。
  3. ともこちゃんは、鴻漸之翼だから、彼女に任せておけばうまく事が運ぶだろう。
  4. 健太くんは、鴻漸之翼の偉大な人物と思われているが、彼の実力に関係なく、社長令嬢の婿の座にうまく収まり、異例の出世をしただけだ。
  5. ともこちゃんは鴻漸之翼で、同期のあこがれだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事