杯盤酒肴【はいばんしゅこう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
杯盤酒肴

【読み方】
はいばんしゅこう

【意味】
宴会のための酒や料理。

「杯盤」は、杯と皿。「酒肴」は、酒と、酒のさかな。

杯盤酒肴(はいばんしゅこう)の使い方

ともこ
健太くん。昨日、先生たちが飲み会をやっているのを見たの。
健太
へえ。どんな風だった?
ともこ
先生の給料では考えられないくらい豪華な杯盤酒肴での宴会だったわよ。
健太
賄賂のにおいがするね。

杯盤酒肴(はいばんしゅこう)の例文

  1. ともこちゃんは、せっせと宴会会場に杯盤酒肴を運びました。
  2. 健太くんは、両親の結婚祝いのパーティーために杯盤酒肴を用意しました。
  3. 健太くんは、杯盤酒肴を発注し忘れたと焦っていました。
  4. 杯盤酒肴の用意は健太くんの仕事です。
  5. 杯盤酒肴の御用命なら、当店へ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事