破顔微笑【はがんみしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
破顔微笑

【読み方】
はがんみしょう

「はがんびしょう」とも読む。

【意味】
顔をほころばせて、ほほえみ笑うこと。

「破顔」は、顔をほころばせて笑うこと。「微笑」は、ほほえむこと。

【語源・由来】
「五灯会元」

【類義語】
・嫣然一笑(えんぜんいっしょう)


破顔微笑(はがんみしょう)の使い方

健太
あの子かわいいよね。
ともこ
そうね。とても素敵ね。
健太
破顔微笑した姿は、可憐な花のようだね。
ともこ
健太くん。恋に落ちたわね。

破顔微笑(はがんみしょう)の例文

  1. ともこちゃんは、健太くんの姿を見つけて破顔微笑した。
  2. 健太くんは、自分の受験番号を見つけて破顔微笑しました。
  3. 健太くんの馬鹿馬鹿しい意見に破顔微笑しました。
  4. 健太くんがふざけて言った一言に破顔微笑した。
  5. いい知らせを聞いて破顔微笑した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事