白竜魚服【はくりょうぎょふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
白竜魚服

【読み方】
はくりょうぎょふく

「はくりゅうぎょふく」とも読む。

【意味】
身分の高い人が気付かれないように出掛けて、不幸な出来事にあうこと。

【語源・由来】
「説苑」正諫より。「白竜」は白い竜ということから、天帝の使者のこと。「魚服」は魚の服装をするという意味から、身分の高い人がみすぼらしい格好をすることのたとえ。天帝の使者である白い竜が魚の姿になって泳いでいると、漁師の予且に目を射抜かれて捉えられたという故事から。

【類義語】
・予且之患(よしょのかん)


白竜魚服(はくりょうぎょふく)の使い方

ともこ
今度、うちにお忍びでとある国の王様が遊びに来るのよ。
健太
ええっ。王様が?お忍びってことは警護の人も少ないんでしょう?白竜魚服といように、王様に何かあって国際問題に発展したりしないの?
ともこ
大丈夫よ。うちの窓ガラスは防弾ガラスだし、セキュリティは総理官邸より厳しいわ。
健太
それは世界一安全そうだね。

白竜魚服(はくりょうぎょふく)の例文

  1. 水戸光圀公は、ドラマで諸国漫遊をしていますが、白竜魚服というようによく災難に巻き込まれています。
  2. 一人で買い物に行くなんて、白竜魚服、あなたに何かあったら国民が悲しみます。
  3. 白竜魚服というようなことがあっては困るので、どうしても行くというなら私がお供します。
  4. 白竜魚服、自分の立場を考えて軽はずみな行動を控えてください。
  5. 国民の生活を自分の目で見てみたいという気持ちはわかりますが、白竜魚服、もしものことがあったらどうします?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事