笑面夜叉【しょうめんやしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
笑面夜叉

【読み方】
しょうめんやしゃ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
顔は笑っていても心の底に一物あること。陰険な人や裏表のある人にいう。

【語源・由来】
『説郛』「四引『老学庵続筆記』」より。「笑面」は笑顔。「夜叉」は人を害する猛悪な鬼神。

【類義語】
・笑面老虎(しょうめんろうこ)

【対義語】
・千金笑面(せんきんしょうめん)


笑面夜叉(しょうめんやしゃ)の使い方

健太
ともこちゃん。今、楽しそうに話をしていた子は友達なの?
ともこ
クラスメイトよ。本当は嫌いなんだけれども、クラスメイトだから仲良くしないとね。
健太
ともこちゃんは、笑面夜叉だなあ。友達として一番怖いタイプだ。
ともこ
失礼ね。世渡り上手と言って。

笑面夜叉(しょうめんやしゃ)の例文

  1. あの受付の女性は、いつもにこやかだけれども、笑面夜叉、きっと内心客に毒を吐いているに違いない。
  2. ともこちゃんはみんなに優しいけれども、それは表面だけで、実は笑面夜叉、とても陰険なんです。
  3. 健太くんは、笑面夜叉で詐欺師にむいているかもしれません。
  4. ともこちゃんは笑面夜叉、本性を知らないほうが幸せかもしれません。
  5. 笑面夜叉な健太くんを親切な人だと信じたら、後で痛い目にあいますよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事