八方画策【はっぽうかくさく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
八方画策

【読み方】
はっぽうかくさく

【意味】
あらゆる方面に働きかけて、計画の実現させること.

「八方」は、あらゆる方面。多方面。「画策」は、計画を立てること。実現をめざして、いろいろと計画すること。多く悪い意味で使う。

八方画策(はっぽうかくさく)の使い方

健太
制服を廃止して、自由な服装で登校したいな。
ともこ
八方画策しましょうよ。
健太
できるかな?
ともこ
できるかどうか迷っている暇があるなら、八方画策するのよ。あっという間に卒業の日になってしまうわよ。

八方画策(はっぽうかくさく)の例文

  1. ともこちゃんは、夢のために遮二無二、八方画策した。
  2. 健太くんは、ともこちゃんが生徒会長に当選するために八方画策しています。
  3. オーディションに合格するために八方画策したという話だ。
  4. 八方画策して経営難を乗り切りました。
  5. 健太くんは、八方画策してともこちゃんの隣の席をゲットした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事