斑衣之戯【はんいのたわむれ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
斑衣之戯

【読み方】
はんいのたわむれ

【意味】
親孝行のたとえ。親に孝養のかぎりをつくすことのたとえ。

【語源・由来】
「斑衣」は模様のある派手な服。ここでは子供が見につける派手な服。
中国周代、楚の老莱子が七十歳になっても親の前で子供の服を身につけ、小さな子が親にまとわりつくように戯れ、親に年を忘れさせようとした故事から(『孝子伝』)。

【典拠・出典】
蒙求』「老莱班衣」

【類義語】
老莱斑衣(ろうらいはんい)
三枝之礼(さんしのれい)
慈烏反哺(じうはんぽ)
反哺之羞(はんぽのしゅう)
・養志之孝(ようしのこう)


斑衣之戯(はんいのたわむれ)の使い方

ともこ
健太くんは、毎日放課後は家の手伝いをしているのよね。
健太
うん。花屋さんをやっているから、店の掃除や店番を手伝っているんだよ。
ともこ
斑衣之戯を尽くすいい子供ねえ。
健太
うん。きっと両親の自慢の息子だよ。

斑衣之戯(はんいのたわむれ)の例文

  1. 後悔する前にできる限りの斑衣之戯をしておこう。
  2. 斑衣之戯のために健太くんは、毎日お父さんの肩たたきをしています。
  3. ともこちゃんは今時珍しい斑衣之戯な子だから、親が望んだ人と結婚しました。
  4. 健太くんは斑衣之戯だから、いつも両親の心配をしています。
  5. もっと斑衣之戯したいから元気で長生きしてねと子供にいわれました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索