死生契闊【しせいけっかつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
死生契闊

【読み方】
しせいけっかつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
生死を共にすることを約束し、共に苦労し努力すること。

【語源・由来】
『詩経』「邶風・撃鼓」より。「契闊」はつとめ苦しむこと。久しく会わないこと。


死生契闊(しせいけっかつ)の使い方

健太
ともこちゃん。く、くるしい。もう僕のことは置いていって。
ともこ
死生契闊するって言ったでしょう。毎年途中棄権のマラソン大会で、今年こそは完走したいっていっていたじゃないの!私がついているわ。がんばりましょう。
健太
うん。がんばる。
ともこ
一緒にゴールを目指して走りきるわよ。

死生契闊(しせいけっかつ)の例文

  1. 健太くんとお笑いコンビを組んだ時から、死生契闊と思って二人でトップを目指してきました。
  2. 死生契闊、倒産する時は一緒だ、そうならないようにこのプロジェクトを成功させよう。
  3. 死生契闊だといって、今までバンドのメンバーみんなで励まし合ってきたおかげで、メジャーデビューを果たしました。
  4. 健太くんとは、クライミングロープでお互いの体を結び、死生契闊してきた仲なんですよ。
  5. ともこちゃんと健太くんは、死生契闊して難関大学合格を手にしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事