傾側偃仰【けいそくえんぎょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
傾側偃仰

【読み方】
けいそくえんぎょう

「けいそくえんこう」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
世の中の流れに逆らわずに、流れのままに生きること。

【語源・由来】
「淮南子」要略より。「傾側」は世の流れに従って逆らわないこと。「偃仰」は寝たり起きたりすることや、うつむいたり見上げたりするという意味から、世の中の流れのままに浮いたり沈んだりするということ。


傾側偃仰(けいそくえんぎょう)の使い方

ともこ
健太くん。校則で男子生徒が坊主っておかしいと思わない?
健太
うーん。違和感は感じるけど、僕は、傾側偃仰、権力に逆らわずに流れに身を任せていたいタイプだからね。
ともこ
それでいいの?
健太
坊主は嫌だけど、誰かと衝突するのはもっと嫌だよ。

傾側偃仰(けいそくえんぎょう)の例文

  1. 傾側偃仰、ケセラセラの精神でここまで生きてきました。
  2. 彼は、傾側偃仰、本流をかぎつけ、その流れに乗るのが上手だから出世できたんですよ。
  3. 夏目漱石も言っている、智に働けば角が立つ、情に棹させば流される、傾側偃仰が一番ですよ。
  4. 傾側偃仰、意地を張らずに流れに身を任せ、楽に生きる道を選びました。
  5. 傾側偃仰、流れに身を任せているうちに夢がかなっているということもあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事