逢掖之衣【ほうえきのい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
逢掖之衣

【読み方】
ほうえきのい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
袖の大きい着物のこと。

【語源・由来】
『礼記』「儒行」より。


逢掖之衣(ほうえきのい)の使い方

ともこ
健太くん。逢掖之衣を着てどうしたの?
健太
えへっ。儒学者の人に逢掖之衣を借りたんだよ。
ともこ
いつもテストで0点をとっている健太くんには、逢掖之衣を着るなんて100万年早いわよ。
健太
100万年早いって分かっているから、なりきってみるだけでもいいじゃないか。

逢掖之衣(ほうえきのい)の例文

  1. 逢掖之衣をまとった儒学者が大勢集まって活発な議論を交わしています。
  2. あそこで逢掖之衣を着ている背の高い人が、儒学者である健太くんのお兄さんです。
  3. 逢掖之衣を着た人が、大勢前方から歩いてきましたが、威厳があってとても迫力がありました。
  4. 孔子も孟子も逢掖之衣を着ていたのかと逢掖之衣を見て当時に思いをはせました。
  5. その博物館には、貴重な当時から残っている逢掖之衣が飾ってあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事