閉口頓首【へいこうとんしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
閉口頓首

【読み方】
へいこうとんしゅ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
どうしようもないほど困り切ったさま。また、やりこめられて返答につまること。

【語源・由来】
「閉口」は口を閉じてものを言わないさまで、困るということ。「頓首」は頭を地につけておじぎをすること。


閉口頓首(へいこうとんしゅ)の使い方

健太
うちの母さんの料理のまずさには閉口頓首しているんだよ。
ともこ
お母さんに対してそんなことを言ってはいけないわよ。
健太
そんな風に言うなら、ともこちゃんも母さんの料理を食べてみるといいんだよ。食べた後で同じことが言えるだろうか。
ともこ
そんなにすごいの?健太くんが料理を覚えて、自分で作った方がいいかもしれないわね。

閉口頓首(へいこうとんしゅ)の例文

  1. うちの犬のわがままっぷりには閉口頓首しています。
  2. 日本の暑さになれず閉口頓首しているシロクマに氷をプレゼントしました。
  3. ともこちゃんは鋭い指摘を返してくるから、閉口頓首してしまいます。
  4. 痛いところをつかれて、健太くんは閉口頓首していました。
  5. 隣の家の騒音には閉口頓首していますが、苦情を言う勇気がありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事