閉月羞花【へいげつしゅうか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
閉月羞花

「羞花閉月」「羞月閉花」ともいう。

【読み方】
へいげつしゅうか

「月をも羞かしめ花をも閉ざしむ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
美しい女性のこと。

【語源・由来】
「羞」ははじらうという意味。あまりの美しさに、月も羞じらい花も閉じてしまうという意味。

【類義語】
・沈魚落雁(ちんぎょらくがん)


閉月羞花(へいげつしゅうか)の使い方

健太
ともこちゃんは閉月羞花だから、今度の文化祭のミスコンテストに出場するといいよ。
ともこ
人前に出るのは恥ずかしいわ。
健太
でも、ともこちゃんが出場しないと華が無くなってしまうよ。
ともこ
そこまでいうなら出場するわ。健太くんは私に投票してね。

閉月羞花(へいげつしゅうか)の例文

  1. 閉月羞花な子がいるので、僕はあのコンビニにわざわざ足を運ぶことにしているんです。
  2. 若い頃閉月羞花だったあの女優は、歳を経た今でも閉月羞花です。
  3. ともこちゃんは、いくつになっても閉月羞花であるために、日傘をさしてお肌の手入れを怠りません。
  4. ともこちゃんは閉月羞花な女の子なので、よくナンパされるようです。
  5. こんなに閉月羞花な人がお嫁さんに来てくれるなんて、すごい話だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事