吐哺捉髪【とほそくはつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
吐哺捉髪

【読み方】
とほそくはつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
すぐれた人材を求めるのに熱心なこと。

【語源・由来】
『漢詩外伝』「三」より。「吐哺」は口の中の食べ物を吐き出すこと。昔、中国の周公旦が来客があると、食事中のときには口の中の食べ物を吐き出し、入浴中のときには濡れた髪を握ったまますぐに出迎え、有能な人材を求めたという故事から。

【類義語】
・吐哺握髪(とほあくはつ)


吐哺捉髪(とほそくはつ)の使い方

ともこ
健太くん。今年の空手部の新入部員は将来有望そうな感じなの?
健太
うーん。夏まで続くかどうかも微妙な感じだね。
ともこ
積極的に吐哺捉髪しないと空手部が、健太くんの題で廃部になってしまうわよ。
健太
それはいやだ。一生懸命有望なやる気のある部員を探すよ。

吐哺捉髪(とほそくはつ)の例文

  1. 吐哺捉髪しないと、いずれこの会社は行き詰ります。
  2. 代々、吐哺捉髪するよう努めてきたので、老舗と呼ばれるまで続けてくることができたんです。
  3. 吐哺捉髪する姿勢が、この会社の成功の秘訣です。
  4. 吐哺捉髪しているから、あのサッカー部は最強です。
  5. 優秀な人材を確保するために吐哺捉髪することは、優先課題だと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事