吟風弄月【ぎんぷうろうげつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
吟風弄月

【読み方】
ぎんぷうろうげつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
自然の景色を題材にして、詩を作ったり詠んだり読んだりすること。

【語源・由来】
「伊洛淵源録」朱熹「濂渓先生」より。「吟風」は風に吹かれながら詩歌を吟じること。「弄月」は月を眺めて楽しむこと。「風に吟じ月を弄ぶ」とも読む。


吟風弄月(ぎんぷうろうげつ)の使い方

ともこ
健太くん。今日はとてもきれいな満月ね。
健太
そうだね。吟風弄月するにはとても良い日なんじゃないかな?
ともこ
そうね。後世に残る良い俳句を生み出すことができそうな気がするわ。
健太
どんな句ができるか楽しみだね。

吟風弄月(ぎんぷうろうげつ)の例文

  1. 健太くんは、髪を青く染めているけれども、あれで吟風弄月を趣味にしている風流人なんですよ。
  2. 満開の桜の下でともこちゃん達と吟風弄月を楽しみました。
  3. 今人気の歌手のともこちゃんは、恋愛の歌は作りません、吟風弄月ばかりです。
  4. 四季がはっきりしている日本では、四季折々の吟風弄月を楽しむことができます。
  5. 疲れているときは、緑豊かな公園でぼーっとしながら吟風弄月することでリラックスするように心がけています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事