髀肉之嘆【ひにくのたん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
髀肉之嘆

「髀肉」は「脾肉」、「嘆」は「歎」とも書く。

【読み方】
ひにくのたん

【意味】
実力を発揮する機会に恵まれないのを嘆き悲しむこと。

【語源・由来】
「髀肉」はももの肉。「嘆」は嘆き悲しむこと。
中国三国時代、蜀の劉備は大志を抱いていたが不遇で、人の家に身を寄せていた。その折「自分は常に戦場に出て馬に乗っていたため、ももの肉が締まっていたが、今はももに贅肉がついてしまった」と、むなしく月日を過ごしていることを嘆いたという故事から。

【典拠・出典】
三国志』「蜀志・先主伝・注」


髀肉之嘆(ひにくのたん)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは、社会人になって五年目よね。どんな様子なの?
健太
毎日、髀肉之嘆を抱いて愚痴を言っているよ。
ともこ
運もまた実力のうちっていうからね。チャンスに恵まれる人の方が珍しいのよ。
健太
そうなんだけどね。髀肉之嘆を抱いて嘆き苦しんでいる兄さんを見ると、社会に出るのが嫌になるよ。

髀肉之嘆(ひにくのたん)の例文

  1. 健太くんは、髀肉之嘆をかこってふてくされています。
  2. 英語が得意なのに、活かすことができない日々に髀肉之嘆をかこっています。
  3. 窓際族になって、髀肉之嘆をかこっているようです。
  4. 僕の能力を活かせないなんて、会社の損失、いや日本にとっても損失だと髀肉之嘆を抱いています。
  5. 髀肉之嘆を抱いて嘆くなら、起業してしまえばいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索