鸞翔鳳集【らんしょうほうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鸞翔鳳集

【読み方】
らんしょうほうしゅう

【意味】
すぐれた才能をもった人が集まり来るたとえ。

【語源・由来】
傅咸「申壊賦」より。「鸞」は鳳凰に似ている伝説の霊鳥のこと。「鳳」は伝説の霊鳥の鳳凰のこと。賢者や英雄などのすぐれた人を「鸞」と「鳳」にたとえもので、それらが飛来するという意味から。


鸞翔鳳集(らんしょうほうしゅう)の使い方

健太
ともこちゃん。テストの結果はどうだった?
ともこ
1問間違えてしまって、12位だったわ。
健太
ええっ。1問間違えただけで12位?なんてレベルが高い学校なんだ。
ともこ
この辺りは有名企業の社宅が多いから、この学校は公立とは言え、鸞翔鳳集、優秀な人が集まるらしいわ。

鸞翔鳳集(らんしょうほうしゅう)の例文

  1. ともこちゃんが部長になると、彼女を慕って鸞翔鳳集、有能な人たちが集まってきました。
  2. 会社の魅力をアップさせれば、鸞翔鳳集、優秀な社員が入ってきてくれるはずです。
  3. 優秀な上司には、鸞翔鳳集、自然と有能な部下が集まるものです。
  4. 僕の空手の先生は、オリンピックで初めての金メダリストなので、鸞翔鳳集、将来有望な選手が集まってきます。
  5. あの教授の研究室には、例年、鸞翔鳳集、最も優秀な生徒が集まってくるから、来年度の新入社員候補を勧誘に行こう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事