茫然自失【ぼうぜんじしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
茫然自失

「呆然自失」とも書く。

【読み方】
ぼうぜんじしつ

【意味】
予想外のことに、気が抜けて我を忘れること。「茫然」は予想外のことに、気が抜けてぼんやりすること。「自失」は放心してぼんやりすること。

【語源・由来】
「列子」仲尼より。

【類義語】
・瞠目結舌(どうもくけつぜつ)


呆然自失(ぼうぜんじしつ)の使い方

ともこ
昨日のニュースで、当選の報道がされた町長候補の人が万歳をしていたの。
健太
ああ。よくあるニュースだね。
ともこ
そうなんだけど、昨日のは、当選の知らせの後に誤報が分かって、茫然自失していた町長候補の姿だったのよ。
健太
それはつらく悲しいニュースだね。選挙の誤報はやめてほしいね。

呆然自失(ぼうぜんじしつ)の例文

  1. 大事な書類をシュレッダーにかけてしまい、茫然自失の状態に陥りました。
  2. 健太くんが行方不明と聞いて、ともこちゃんは茫然自失していました。
  3. 彼らの想像の範疇をはるかに超えていたようで、茫然自失していました。
  4. あまりの驚きに茫然自失して、しばらくは答えることもできなかった。
  5. この事件で大きな衝撃を受けた彼女は、数ヶ月間を茫然自失して過ごしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事