奮励努力【ふんれいどりょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
奮励努力

【読み方】
ふんれいどりょく

日本漢字能力検定
3級

【意味】
気力を奮い起こして励むこと。

【語源・由来】
「奮励」は気力を奮い起こして努めること。「努力」はあることを実現するために努める意。

【類義語】
・精励恪勤(せいれいかっきん)
・努力奮励(どりょくふんれい)


奮励努力(ふんれいどりょく)の使い方

健太
何で僕は何をやっても成功できないのかな?
ともこ
それは、奮励努力しないからよ。健太くんは、いつも途中であきらめて投げ出してしまうもの。
健太
あきらめなければ必ず成功するかな?
ともこ
ええ。あきらめないで、奮励努力し続ければ、いずれ成功への道は見えてくるものよ。

奮励努力(ふんれいどりょく)の例文

  1. いつ死んでも後悔の無いように、常に奮励努力しています。
  2. 彼は自分の信念に基づいて奮励努力しました。
  3. 支援してくれた皆様のご期待に添えることができるように奮励努力して国政にあたります。
  4. 奮励努力したおかげで全国大会に出場できました。
  5. 今日の朝礼では、ノルマを達成するため、なお一層の奮励努力を求められました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事