和魂洋才【わこんようさい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
和魂洋才

【読み方】
わこんようさい

【意味】
「和魂」は日本古来の固有の精神のこと、「洋才」は西洋の学問や知識のことで、日本古来の精神を大切にしつつ、西洋の学問や知識を学ぶこと。

【類義語】
・和魂漢才(わこんかんさい)

【スポンサーリンク】

和魂洋才(わこんようさい)の使い方

健太
明治時代、欧米から必死になって技術を取り入れ、日本人魂、いわゆる根性でみんなでがんばったんだから、まさに和魂洋才だよね。
ともこ
そうね。当時から今に続く経済発展は、海外の技術と日本の精神の和魂洋才で間違いないわね。
健太
僕も明治の人達に負けないど根性を見せないとね。
ともこ
そうね。今度のテストでは、ど根性で0点から脱却してもらいたいわ。

和魂洋才(わこんようさい)の例文

  1. ともこちゃんは、その式典では、日本の正装である着物を着ているけれども、パーマでふわふわの洋風な髪型だったので和魂洋才でした。
  2. 日本のカレーライスはインドのカレーを独自に進化させたもので、いわば和魂洋才です。
  3. 和魂洋才、海外から学び、追いつけ追い越せとここまで来たけれども、経済のシステムに限界が見え始めた昨今、本来の大和魂に立ち返り、自分たちらしいシステムを構築すべき時です。
  4. 最近、抹茶ブームで和魂洋才なお菓子がたくさん売られています。
  5. あんパンは、和魂洋才の典型例です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事