精励恪勤【せいれいかっきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
精励恪勤

【読み方】
せいれいかっきん

【意味】
全力を尽くして仕事や勉学に励むこと。

【語源・由来】
「精励」は全力で物事を行うこと。「恪勤」は真剣に物事を行うこと。

【類義語】
・恪勤精励(かっきんせいれい)
・勤倹力行(きんけんりっこう)
・精励勤勉(せいれいきんべん)
・奮励努力(ふんれいどりょく)

【スポンサーリンク】

精励恪勤(せいれいかっきん)の使い方

健太
ともこちゃんは、精励恪勤な学校を代表する生徒だよね。
ともこ
代表って言うほどではないわよ。
健太
いやいや、きっとともこちゃんは、学校の歴史に名を刻むような生徒だよ。どうしたらともこちゃんのようにいい成績をとることが出来るんだろうね?
ともこ
精励恪勤に勉強に取り組めばいいのよ。

精励恪勤(せいれいかっきん)の例文

  1. 警備員が精励恪勤していれば、今回の事件は、未然に防ぐことができたかもしれません。
  2. ジャパニーズビジネスマンは、会社のために深夜まで精励恪勤し、高度経済成長を遂げました。
  3. 健太くんは精励恪勤で、学生時代は無遅刻無欠席の皆勤賞でした。
  4. ともこちゃんは精励恪勤な社員だったので、上司の信頼が厚かったのです。
  5. 彼は精励恪勤すぎて会社で眠ることもあり、ほとんど毎日会社で過ごしていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事