百伶百利【ひゃくれいひゃくり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
百伶百利

「百伶百俐」とも書く。

【読み方】
ひゃくれいひゃくり

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
非常に聡明なこと。

【語源・由来】
「伶」は利口なこと。「利」は巧みなこと、賢いこと。


百伶百利(ひゃくれいひゃくり)の使い方

健太
ともこちゃん。また先生の仕事を手伝っていたの?
ともこ
そうなの。おかげで帰りがこんなに遅くなってしまったわ。
健太
ともこちゃんは百伶百利だから、僕たち同級生のみならず先生にまで頼りにされていてすごいよね。
ともこ
頼りにされているといえば聞こえがいいけれども、先生の雑用係なだけよ。

百伶百利(ひゃくれいひゃくり)の例文

  1. ともこちゃんは、小さいころから百伶百利な子で、最初に発した言葉が「我思うゆえに我あり」でした。
  2. 健太くんのお兄さんは百伶百利、彼ならば答えを導き出すことができるかもしれません。
  3. 百伶百利な健太くんは、近所のおばさま方から神童と呼ばれています。
  4. ともこちゃんは百伶百利なんですが、顔も見るからに利発そうな顔をしています。
  5. 健太くんが隣でパニックになっていても、百伶百利なともこちゃんは冷静に判断し対応することができます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事