百花斉放【ひゃっかせいほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
百花斉放

【読み方】
ひゃっかせいほう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
学問や芸術が、自由にまた盛んに行われること。

【語源・由来】
「百花」は多くの花のこと。「放」は開くこと。「斉放」はいっせいに開くこと。いろいろな花がいっせいに咲くことをいう。
「百花争鳴」とともに、一九五六年の中華人民共和国で、芸術・科学の発展促進のために、国民が自由に論争することを奨励するスローガンに使われた。

【類義語】
・百花争鳴(ひゃっかそうめい)
・百花繚乱(ひゃっかりょうらん)


百花斉放(ひゃっかせいほう)の使い方

健太
ここ最近、各地でトリエンナーレ芸術祭が開催されて、とても活発でいい雰囲気だよね。
ともこ
百花斉放の時期よね。芸術活動が盛んだと、世の中が華やいで平和な感じでいいわよね。
健太
芸術は人の心をいやして平和をもたらしてくれるよね。
ともこ
この時期が長く続くといいわね。

百花斉放(ひゃっかせいほう)の例文

  1. 議論百出で百花斉放の感があります。
  2. 今まで規制されていた言論の自由化を行い、百花斉放を促しました。
  3. 担任の先生が専門が図工なので、このクラスはまさに百花斉放です。
  4. ブラックホールを写真でとらえることができたニュースで、学会は百花斉放、活発な意見交換が行われています。
  5. 校則でがちがちに固めるより、百花斉放な方が生徒の自主性が育ちます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事