廓然大悟【かくねんたいご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
廓然大悟

【読み方】
かくねんたいご

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
不満や疑念などのわだかまりがなく、真理を悟ること。「廓然」は心が広く、何のわだかまりもないこと。「悟」は真理を悟ること。

【語源・由来】
感無量寿経より。

【類義語】
・恍然大悟(こうぜんたいご)
・大悟徹底(たいごてってい)
・翻然大悟(ほんぜんたいご)


廓然大悟(かくねんたいご)の使い方

健太
授業はつまんないし、給食はおいしくないし、学校に行きたくないな。
ともこ
不満ばかり言っていないで、廓然大悟の境地に達するように努力したらどうなの?
健太
廓然大悟の境地に達したら、毎日が楽しくなるかな?
ともこ
負の感情から解き放たれるから、楽しくなると思うわよ。

廓然大悟(かくねんたいご)の例文

  1. 毎日瞑想をするようになってから、廓然大悟の境地に達し、穏やかな気持ちで毎日を過ごせるようになりました。
  2. 廓然大悟の状態に達することで、平穏な生活を得ることが出来ました。
  3. 座禅の体験をしてみたのですが、廓然大悟という境地が一瞬垣間見えた気がしました。
  4. 心を無の状態にすることで、廓然大悟の世界に達し、心が揺れ動くことが少なくなりました。
  5. 廓然大悟の境地に達した私は、もう迷うことはなくなりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事