一顧万両【いっこばんりょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
一顧万両

【読み方】
いっこばんりょう

【意味】
どんな大金を投じてもいいくらいに、見る価値があること。

【由来】
「一」は、「ほんのわずか」「ちょっと」を意味しており、「一顧」はちょっと目をとめて見ること、ちょっと振り返って見ること、ちょっと心にとめてみることの意味です。
「一顧だにしない」と良く使われますが、これは「わずかに振り返ってみることもしない」「まったく顧みない」「顧慮しない」「歯牙にも掛けない」といった意味で、少しもみる価値もないことをいいます。
「万両」の原義は古い貨幣の単位で大金を意味しています。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
worth seeing

例文 この映画は一顧万両だ。
This movie is worth seeing.

一顧万両(いっこばんりょう)の使い方

ともこ
男の子と女の子が入れ替わるというストーリーのあの有名なアニメ映画見た?
健太
まだ見ていないよ。
DVDで発売されたら、レンタルで観ようと思っているけど。
ともこ
一顧万両の映画だから、絶対に映画のスクリーンで見たほうが良いよ!
健太
日本のアニメ映画界の最高傑作だって、みんながそう言っているよね。
今度の日曜日いってみようかな!

一顧万両(いっこばんりょう)の例文

  1. 日本を訪れたなら、京都の町並み、京都の風情は一顧万両ですよ。
  2. 今度のアクション映画は、あの有名な映画スターが出演最後と言われる、一顧万両の映画だと言われています。
  3. 今年入社したあの新人秘書は他にはなかなかいない、一顧万両の美人です。
  4. あのハゲをネタにしたお笑いコンビが今度、近所のショッピングモールに来るらしい。絶対に笑える一顧万両のコントだ。
  5. オーストラリアにある美しい赤土色の巨大一枚岩は、一顧万両の世界遺産だ。
  6. あのマジシャンは自動車を消してしまうという壮大なマジックで、日本人には絶対に真似できない、まさに一顧万両だ。
  7. 本場イタリアのオペラは長い歴史を感じられ、イタリア文化を理解することのできる、一顧万両の芸術でしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事