敬天愛人【けいてんあいじん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
敬天愛人

【読み方】
けいてんあいじん

【意味】
天を敬い、人を愛すること。

【語源・由来】
「敬天(けいてん)」とは、天をおそれ敬うこと。
「愛人(あいじん)」とは、人をいつくしみ愛すること。

西郷隆盛(さいごうたかもり)(号は南洲(なんしゅう))が、「南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)」で、「講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以(もっ)て終始す可(べ)し」といい、学問の目的を述べた語として有名である。

中村正直「敬天愛人説」より出典。

【類義語】
・敬天愛民(けいてんあいみん)

【対義語】

【英語訳】
“Revere heaven, love people.”

【スポンサーリンク】

敬天愛人(けいてんあいじん)の使い方

健太
どうして毎日こんなに勉強しなくちゃいけないんだよ。
ともこ
健太くん、学ぶということはとても大切なことだと思うわ。
健太
大人になったら、必要ないこともたくさんあるじゃないか。
ともこ
敬天愛人を目標として、学問を行うというのはとても有名なお話なのよ。

敬天愛人(けいてんあいじん)の例文

  1. 敬天愛人を目的として学問に励もうと思っている。
  2. 敬天愛人とは、そう簡単にできることではない。いろいろなことを知るからこそ、天を敬って人を愛することができるようになるのだろう。
  3. 気に入らないからといって、乱暴にしてはいけないよ。敬天愛人ということを、心に留めておきなさい。
  4. 学問の目的は、敬天愛人だということを、勉強をしていて知った。
  5. ぼくは、敬天愛人ということをもっと知りたいと思っている。

まとめ

敬天愛人というように、天を敬い人を愛するということは、そう簡単にできることではないのではないでしょうか。
しかし、人を愛することで、自分自身を大切にすることに繋がるのではないでしょうか。
また、天を敬うことで、平和な世の中が訪れることを願いたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事