勤倹貯蓄【きんけんちょちく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
勤倹貯蓄

【読み方】
きんけんちょちく

【意味】
よく働き、倹約しお金をためること。

「勤倹」は、勤勉で倹約すること。「貯蓄」は財貨をたくわえること。ためること。また、その財貨。

勤倹貯蓄(きんけんちょちく)の使い方

健太
あの車かっこいいなあ。でも高そうだなあ。
ともこ
勤倹貯蓄に励めば買うことができるわよ。
健太
大人になるのが嫌だったけれども、大人になるのが楽しみになってきたよ。
ともこ
早く手に入れることができるといいわね。

勤倹貯蓄(きんけんちょちく)の例文

  1. 健太くんのお父さんは、勤倹貯蓄の結果、念願のマイホームを手に入れた。
  2. 日本人は勤倹貯蓄の精神を大事にしており、世界で最も貯金が好きな国とされている。
  3. 年金制度が破綻しつつあり、政府は、老後資金のために勤倹貯蓄を推奨している
  4. 勤倹貯蓄家である健太くんは、相当お金を貯めていることが予想される。
  5. ともこちゃんは勤倹貯蓄をモットーとしているから、あまり贅沢はしない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事