一口両舌【いっこうりょうぜつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一口両舌

【読み方】
いっこうりょうぜつ

日本漢字能力検定
4級

【意味】
前に言ったことと、あとで言うこととが違うこと。また前に言ったことと矛盾することを平気で言うこと。
二枚舌。

【語源由来】
「一口」は、一つの口、同じ人の口という意味で、「両舌」は、一つの事について違う二つの事を言うことの意味です。
「両舌」は、もともとは仏教用語から派生しています。
仏教では人間の行為を身・口・意の三つに分けています。
「身」の悪として殺生・偸盗(ちゅうとう)・邪淫(じゃいん)、
「口」の悪として妄語(もうご=嘘をつく)・綺語(きご=真実に反して言葉を飾りたてる・無駄なおしゃべり)・悪口(あっく=粗暴な言葉)・両舌(中傷の言葉・二人の人に対し異なることを言って仲たがいさせる)、
「意」の悪として貪欲(とんよく=むさぼり求める)・瞋恚(しんに=怒る)・愚痴(道理を解さない)としています。
合わせて十悪、人間が犯す不善行として最も慎むべきものとされました。
この中の「口」の悪である「両舌」が由来となっています。

【類義語】
舌先三寸(したさきさんずん)
一口三舌(いっこうさんぜつ)

【英語訳】
equivocation
duplicity
double-dealing
double-tongued
tergiversation
fraudulence


一口両舌(いっこうりょうぜつ)の使い方

ともこ
明日の塾は行くよね!
明日、あの交差点で待っているよ!
健太
ごめん、やっぱり明日じゃなくて、明後日に変えるよ!
ともこ
えー!一緒に行くって約束したじゃない!
そんなに一口両舌なことを平気で言うなんて信用なくすよ!
健太
本当にごめん。
そんなつもりじゃなかったんだけど・・・。
ごめん!

一口両舌(いっこうりょうぜつ)の例文

  1. 前言ったことと違う一口両舌を追求すると「そう解釈されたのならどうしようもない」と言い返された。
  2. 信用したからこそ、今回の株式を購入しました。一口両舌の罪科は軽くはありません。
  3. いつもその場、その場の雰囲気で違うことを話しており、よく話を聞いていると一口両舌の人物だと気づかされた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事