衣香襟影【いこうきんえい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
衣香襟影

【読み方】
いこうきんえい

【意味】
よい香がしみこんだ着物を着る姿。化粧をして着飾る女性をあらわす。
また、衣服にたきこめる香りと襟の形という意味から、転じて、色々な人の姿・形、人々の様子をたとえる。

【語源・由来】
「衣香」は衣服にたきしめる香のこと。
「襟影」はえりの輪郭や形のこと。

【類義語】
・錦繍綾羅(きんしゅうりょうら)
・紅脂白粉(こうしはくふん)
・花枝招展(かししょうてん)

【対義語】

【英語訳】
・A figure wearing a kimono soaked in good fragrance
・Woman dressed up in makeup and dress
・The appearance and shape of various people.A person’s behavior


衣香襟影(いこうきんえい)の使い方

健太
わっ! すごい髪型! あっちの人は見たこともない髪の色だね!
ともこ
本当、本当! メイクもすごいわよ。あのアイメイク、すごくない? まるで歌舞伎の隈取だわ。かと思えば、ノーメイクの人もいるのね。
健太
さすがにおしゃれな人が集まる街だけあって、衣香襟影はカラフルで個性に溢れているよ。
ともこ
色々なファッションが見れるわね。

衣香襟影(いこうきんえい)の例文

  1. 女子力の上がる衣香襟影を心がけている。
  2. フロアより一段高い、お立ち台と呼ばれる台は衣香襟影の女性達で埋められており、楽しそうな嬌声が響いていた。
  3. 初めてキャバクラに飲みに行った時は、女性達の衣香襟影の美しさに心が躍った。
  4. ミス・ユニバースは衣香襟影たる各国のミス達が、美を競う祭典だ。
  5. 国際映画祭に訪れたハリウッドスターの衣香襟影は種々さまざまで、レッドカーペット上で美を競った。
  6. 微かに香の香りが残っている、この着物を見ていると衣香襟影の美しい女性の姿が目に浮かぶようだ。【古着屋にて】

まとめ

古来よりお香の香りを着物に薫きしめる風習はあり、香りに対する人の感情は特別なものだったようだ。
嗅覚と視覚、この二つから感じる美しさや個性を表す四字熟語が衣香襟影である。
現代では、気分やその日のモチベーションに合わせて香りやメイクを変えることができる。
自由に衣香襟影を楽しもう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事