才子佳人【さいしかじん】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】
才子佳人

「佳人才子(かじんさいし)」ともいう。

【読み方】
さいしかじん

日本漢字能力検定
3級

【意味】
才能がある男性と、美人な女性のことをいう。
理想的な男女のこと。

【語源・由来】
「才子(さいし)」とは、才知のあるすぐれた男性のこと。
「佳人(かじん)」とは、美しい女性のこと。

【英語訳】
talented man and a beautiful woman.
well-matched pair.
wit and beauty.

【スポンサーリンク】

才子佳人(さいしかじん)の使い方

健太
ともこちゃんのお姉さんの結婚式は、どうだったんだい?花嫁姿はきっときれいだったんだろうね。
ともこ
姉はドレスがよく似合っていて、素敵な結婚式だったわ。それに花婿さんは、とても才能のある人だと紹介されていたの。
健太
まさに、才子佳人という夫婦なんだね。
ともこ
私にとって、理想の夫婦だわ。いつか、あんな夫婦になれるかしら。

才子佳人(さいしかじん)の例文

  1. お隣のご夫婦は、才子佳人というのにふさわしいと近所でも評判だ。きっと毎日幸せに暮らしているのだろう。
  2. 部長はまさに才子佳人という存在ですと伝えると、満足そうに笑っていた。
  3. 彼女は昔から才子佳人で有名だったけれど、年を重ねてもなお魅力が増しているように思えてならない。
  4. 才子佳人が登場する物語は、理想の世界のようでいつの時代にも人気がある。近々映画化が決まれば、さらに人気が高まるだろう。
  5. 小説や映画では、才子佳人は不幸になったり、薄命であったりすることが多いようだ。演出には必要な条件なのかもしれない。

まとめ

才子佳人というように、才能がある男性と美しい女性は、憧れの存在ではないでしょうか。
小説や映画にも登場するということは、理想とすることが多いのでしょう。
生まれ持った才能や美に頼るだけでなく、努力を続けることによって、さらに魅力が増すのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事