眉目温厚【びもくおんこう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
眉目温厚

【読み方】
びもくおんこう

【意味】
顔つきが穏やかで優しげなこと。

「眉目」は、顔つき。「温厚」は、穏やかで手厚いこと。

【類義語】
・温厚質実(おんこうしつじつ)
・温厚篤実(おんこうとくじつ)
・温柔敦厚(おんじゅうとんこう)
・温順篤実(おんじゅんとくじつ)
・温良恭倹(おんりょうきょうけん)
・温良篤厚(おんりょうとっこう)
・温和篤厚(おんわとっこう)
・篤実温厚(とくじつおんこう)


眉目温厚(びもくおんこう)の使い方

健太
ともこちゃんのお父さんは、眉目温厚で優しそうだよね。
ともこ
みんな見た目に騙されるのよ。
健太
えっ。厳しいの?
ともこ
とっても厳しいのよ。

眉目温厚(びもくおんこう)の例文

  1. 健太くんのお父さんは、孫ができてから、眉目温厚になっていった。
  2. 健太くんのおばあちゃんは、眉目温厚で、いつもにこにこしています。
  3. 久しぶりに会ったともこちゃんは、あのころと変わらず眉目温厚だった。
  4. 眉目温厚なあの俳優さんは、良い人の役しかやったことがないという。
  5. 健太くんは、お父さんに似て眉目温厚です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事