形影一如【けいえいいちにょ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
形影一如

【読み方】
けいえいいちにょ

【意味】
仲むつまじい夫婦のたとえ。また、心の善し悪しがその行動に表れるたとえ。からだとその影は常に離れず寄り添い、同じ動きをすることからいう。

【語源・由来】
「形影」はからだとその影。互いに離れることがないことから、密接な関係のたとえ。「一如」は一体である、不可分である意。

【典拠・出典】

【類義語】
・形影相随(けいえいそうずい)
形影相同(けいえいそうどう)
・形影相伴(けいえいそうはん)


形影一如(けいえいいちにょ)の使い方

健太
ともこちゃん。ともこちゃんのお父さんとお母さんが手をつないで歩いているのを見たよ。
ともこ
本当?あの二人は、形影一如なのよね。でも手をつなぐのはやめてほしいわ。
健太
ええっ。良いじゃないの。
ともこ
喧嘩ばかりより良いかもしれないわね。

形影一如(けいえいいちにょ)の例文

  1. あの二人は、家族の反対を押し切って結婚しただけあって形影一如です。
  2. 形影一如だと思われていた芸能人夫婦が離婚して世間を驚かせました。
  3. 祖父母は、形影一如だったので、祖父が亡くなってから祖母は元気がなくなり、祖父の後を追うようにして病気で亡くなりました。
  4. 健太くん夫妻は、見ているこっちが幸せになるくらい形影一如です。
  5. 形影一如である夫婦の間に生まれた子供は情緒が安定しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索