因果関係【いんがかんけい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
因果関係

【読み方】
いんがかんけい

【意味】
①二つ以上のものの間に原因と結果の関係があること。
②犯罪や不法行為などをした者が法律上負担すべき責任の根拠の一つとして、ある行為と結果との間に存在していると認められるつながり。

【類義語】
相関関係

【スポンサーリンク】

因果関係(いんがかんけい)の使い方

健太
ともこちゃんの血液型は何型?
ともこ
A型よ。それがどうしたの?
健太
ああ。やっぱり。ともこちゃんはまじめだからA型だと思ったんだよ。
ともこ
心理学的には、血液型と性格の間の因果関係は認められていないらしいわよ。でも健太くんは、O型っぽいわね。

因果関係(いんがかんけい)の例文

  1. この二つの事件は、単純な因果関係と考えられるのではないでしょうか。
  2. 喫煙と肺がんとの間の因果関係を最初に確立したのがドイツの科学者でした。
  3. 予防接種とこの発熱の因果関係は明らかでしたが、予防接種を中止するほどの問題とはされていません。
  4. 他の原因の可能性もあり因果関係は、いまだにはっきりしていません。
  5. 昨今、平均気温が上昇していて、地球温暖化との因果関係が取りざたされていますが、氷河期の前触れだという研究者もいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事