恒久平和【こうきゅうへいわ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
恒久平和

【読み方】
こうきゅうへいわ

【意味】
平和な状態がいつまでも続くこと。

【語源・由来】
「恒久」はいつまでも変わらないこと。第二次世界大戦中、下院議員のW・フルブライト氏が、初演説で「恒久平和のための国際連合機関創設」と提唱したことがはじまりとされている。

【スポンサーリンク】

恒久平和(こうきゅうへいわ)の使い方

健太
世界の恒久平和のために何ができるかな?
ともこ
とりあえず、資源の再利用ができれば、地下資源の奪い合いによる戦争はなくなるわよね。
健太
そのためには、僕に何ができるかな?
ともこ
そのためには、一に勉強、二に勉強、三、四が無くて五に勉強よ!さあ、健太くん。恒久平和のために、テストで0点をとっている場合じゃないわよ。

恒久平和(こうきゅうへいわ)の例文

  1. 国際連盟は、世界の恒久平和をめざす世界初の大規模な国際機構でした。
  2. 反核と恒久平和を願って広島平和記念公園が建設されました。
  3. 八月六日、八時十五分、戦争の被害者の冥福と恒久平和を祈って、黙とうをしました。
  4. 恒久平和のために、手をつなごうではありませんか。
  5. オリンピックで各国が競い合うことで、仲間意識が芽生え、恒久平和につながると良い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事