一天四海【いってんしかい】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一天四海

【読み方】
いってんしかい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
全世界、または日本全国。天下のすべてということ。

【語源由来】
「一天」は天の下全てということから、全世界のことで、「四海」は四方向全ての海ということから、同じように全世界のことを意味します。。

補足 一天四海皆帰妙法(いってんしかいかいきみょうほう)という言葉があります。
仏典の一説に由来しており、意味としては、「人間が皆仏さまの説法に耳を傾けたとき、みな仏の世界を得て、その国土は仏の国土となる」であり、
より現代風に訳すと「世界全体を仏さまの教えで広め救う」や「この世の中は一つの真理が働いている」という意味となります。

【英語訳】
the world
the universe


一天四海(いってんしかい)の使い方

ともこ
この間、お寺のお坊さんのありがたいお話を聞く機会があったの。
健太
どんなお話だったの?
ともこ
一天四海皆帰妙法という言葉があって、この世の中、すべては仏さまの真理が働いているという意味らしいの。
健太
そうか、とてもありがたい言葉だね。
僕も一度聞いてみたいな。

一天四海(いってんしかい)の例文

  1. 世界広しといえども、この剣はどんなものをも引き裂き、また所有するものは王の座に就くと言われるもので、一天四海に比類あるべからず。
  2. それぞれの有力武将が群を連ねた戦国の世の中も、ついに、このものが一天四海をしづめ、平和の世の中をつくり上げたといわれる。
  3. 何度も敗戦はしたが、度重なる戦を制し、天下分け目の決戦で勝利することで国王となり、結果、一天四海を掌握することができた。
  4. この宗派では多くの檀徒が一天四海回帰妙法を目指し邁進しているのであります。
  5. 仏様はその教えを一天四海に広め、多くの信者が救われ、またその信者が施し広めることで、さらにより多くものが救われた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事