以卵投石【いらんとうせき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
以卵投石

【読み方】
いらんとうせき

【意味】
身の程知らずで自滅する。たやすく玉砕してしまって、勝負にならないこと。

【語源・由来】
無駄で勝負にならず、損害ばかりで益のないこと。
卵を石に投げても石は傷つかない。

【類義語】
・以卵撃石(いらんげきせき)

【対義語】

【英語訳】
Bare egg stone

英語例文
そんな難しい仕事を引き受けるなんて、君は身の程知らずだよ。You don’t know your limitations or you wouldn’t have taken on such a difficult job.

以卵投石(いらんとうせき)の使い方

ともこ
健太くん、自分では必ずできると思い込んでいたのが、いざやってみると何もできずにとても辛い思いをした。
健太
高望みをしてしまったのかな? でも今気が付いたのだから、これから自分をよく知って対処していけばいいと思うよ。
ともこ
自分の身の程を知らず、以卵投石となってしまった。
健太
自分自身をよく知ることが大切だね。気を引き締めてやっていこう。

以卵投石(いらんとうせき)の例文

  1. 競い合いが苦手で勝負をしなくてはならないときは、以卵投石となることだけは避けたい。
  2. 到底勝ち目のない事案なのに、以卵投石を顧みずに強敵に立ち向かった。
  3. 自分の能力などの程度をわきまえず、以卵投石で自滅した。
  4. 彼は身の程知らずにも、自分がふさわしくないことを知りながら引き受けてしまい、以卵投石となった。
  5. あの新人選手は以卵投石となることを避けて、地道に球拾いから始めた。

まとめ

出典:「荀子ー議兵」「譬之若以卵投石、以指撓沸」
「卵を以って石に投ず」と読み下す。
卵で石を打つということで、 自分の力が弱いことを顧みずに、強敵に立ち向かって、自滅することを指します。日常生活で気付くことも多いかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事