一筆勾消【いっぴつこうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一筆勾消

「一筆勾銷」とも書く。

【読み方】
いっぴつこうしょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
これまでのすべてを取り消すこと。筆で一気に消し去ってしまうこと。一気に物事や関係をやめてしまうこと。

【語源・由来】
「五朝名臣言行録」七より。帳簿などの今までの記録の上から線を引いて消すという意味から。中国の北宋の時代に范中淹は、才能のない駄目な役人を名簿から消していったという故事から。

【類義語】
・一筆勾断(いっぴつこうだん)
・一筆抹殺(いっぴつまっさつ)

【スポンサーリンク】

一筆勾消(いっぴつこうしょう)の使い方

健太
ともこちゃーん。また宿題を忘れてきてしまったんだ。写させてくれる?
ともこ
もうしょうがないわねえ。自分でやってきなさいよ。健太くんとの関係を一筆勾消できたらいいのに。
健太
何か言った?
ともこ
いいえ何にも言っていないわ。

一筆勾消(いっぴつこうしょう)の例文

  1. 工事が始まる直前に、彼女は図面を一筆勾消してしまいました。
  2. ともこちゃんは、役に立たない人間は、一筆勾消で簡単に切ってしまいます。
  3. 父は優しい経営者なので、経営難でも社員を一筆勾消することが出来ずに困っています。
  4. 彼は思い付きで、計画を一筆勾消したりする。
  5. 彼との関係を一筆勾消するために絶縁状をかきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事