一措一画【いっそいっかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一措一画

【読み方】
いっそいっかく

日本漢字能力検定
3級

【意味】
文字の一つの点、一つの筆画、主に漢字についていう。または、文字の一つ一つの細かいところに気をつけて、丁寧に書くこと。

【語源・由来】
「顔氏家訓」書証より。

【類義語】
・一点一画(いってんいっかく)

【スポンサーリンク】

一措一画(いっそいっかく)の使い方

健太
今の国語の先生は、一措一画に厳しくて、ハネやトメが間違えているだけで、ばつにされてしまうんだよ。
ともこ
それは大変だけど、自分のためを思えば、素晴らしいことじゃないの。
健太
まあね。確かに字はきれいになったよ。でも、先生も一個一個採点するのは大変だろうにね。
ともこ
それだけ生徒のことを思ってくれているのよ。

一措一画(いっそいっかく)の例文

  1. 一措一画、気合をこめて書初めを仕上げました。
  2. 一措一画、心をこめて、健太くんへのラブレターを書きました。
  3. 気を使う目上の人への手紙なので、一措一画、丁寧に書き、何度も読み直しました。
  4. 一措一画、きちんと書く姉に代筆してもらいました。
  5. 一措一画、おろそかにして書いているような人を私は、仕事のパートナーとして信用できません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事