威風凛然【いふうりんぜん】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】
威風凛然

【読み方】
いふうりんぜん

【意味】
態度や風格に威厳があり、りりしいさま。

【典拠・出典】

【類義語】
・威風堂々(いふうどうどう)
威風凛々(いふうりんりん)


威風凛然(いふうりんぜん)の使い方

ともこ
今度来た校長先生、何か貫禄があるわ
健太
うん、言うことに説得力があるよね
ともこ
あの威風凛然とした態度がすてきよね
健太
スピーチが楽しみになる校長先生なんて、はじめてだよね

威風凛然(いふうりんぜん)の例文

  1. 彼の威風凛然とした物腰に惹かれて、私は彼と結婚した。
  2. 私の父は、どんなときでも威風凛然としていて、とても尊敬できる人だった。
  3. 私の担任の先生は、若いのに威風凛然としていて、頼もしい。
  4. あの会社の社長は偉ぶらず、威風凛然としていて好感が持てる。
  5. いつでも威風凛然な態度がとれるよう、日頃から自分の行いに気をつけたい。

まとめ

「威風」は威厳に満ち溢れている様子を、「凛然」は勇ましく、引き締まっている様子を表すことから、威風凛然(いふうりんぜん)は、りりしく、威厳のある様子を表す言葉となりました。学校の先生や会社の上役が威風凛然(いふうりんぜん)としていると、それだけで従おうという気になりますので、やはり威厳は大切だと思います。皆様の周囲にも威風凛然(いふうりんぜん)とした方はいらっしゃいますか?もしいるようであれば、その方をお手本にして、自分も威風凛然(いふうりんぜん)と振る舞えるようがんばってみてはいかがでしょう。威風凛然(いふうりんぜん)な態度の裏側には、自分を信じる確固たる信念があるのではないかと思います。できれば、そんな人物になれるように目指してみたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索