津津浦浦【つつうらうら】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
津津浦浦

【読み方】
つつうらうら

「つづうらうら」とも読む。

【意味】
全国のありとあらゆる場所のこと。「津」は港、「浦」は海岸や海辺のことで重ねて強調した言葉。どこの津でも、どこの浦でもという意味。


津津浦浦(つつうらうら)の使い方

健太
東京には、全国津津浦浦から人が集まり、今では、人口が1375万人だって。
ともこ
すごいわね。日本人の10人に1人が東京に住んでいるのね。
健太
首都圏の人口でいうと、3613万人。日本人の4人に1人になるね。
ともこ
うわあ。それはすごい数字だわね。

津津浦浦(つつうらうら)の例文

  1. たった一人の警官が悪さをしただけで、全国津津浦浦の警察まで非難されることになる。
  2. 日本の津津浦浦、どこへ行っても神社の鳥居をくぐると、気持ちが清々しくなります。
  3. 全国津津浦浦を旅している兄からの手紙の消印は、その土地だけの消印もあり、見るのが楽しみでした。
  4. 祖父は退職してから、全国津津浦浦の温泉をまわっているので、若返ったように血色がいいです。
  5. テレビやネットが普及して、全国津津浦浦、同じ言葉が話され、方言が消えてゆこうとしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事