一妻多夫【いっさいたふ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
一妻多夫

【読み方】
いっさいたふ

【意味】
一人の女性が同時に二人以上の男性を夫とすること。また、その婚姻形態。ポリアンドリー。多夫婚。


一妻多夫(いっさいたふ)の使い方

健太
ともこちゃん。何だかうれしそうだね。
ともこ
今日、三人の男の子に告白されちゃったの。誰にしようか迷って困ってるのよ。
健太
日本が一妻多夫制だったらよかったね。
ともこ
そうじゃないと私を巡って戦争が勃発するわよね。

一妻多夫(いっさいたふ)の例文

  1. 一夫多妻制の国はよく聞くのに一妻多夫を認めている国はあまり聞かない。
  2. もし一妻多夫だったら育児がどんなに楽だろう。
  3. 健太くんは、一妻多夫なんて嫌だ、俺だけの妻が良いという。
  4. 将来、人口の女性比率が低くなった時、一妻多夫の制度が検討されることもあるかもしれない。
  5. ともこちゃんは、一妻多夫制になったら、夫たちを平等に愛す自信があるそうだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事