衣帯中賛【いたいちゅうのさん】の意味と使い方の例文(語源由来)

スポンサーリンク

【四字熟語】
衣帯中賛

【読み方】
いたいちゅうのさん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
中国南宋の文天祥という人物が、処刑されるときに帯の中に残した文章のこと。転じて、仁義や忠節を守り通すこと。「衣帯中」は衣服の帯の中のこと。「賛」は人や物事を褒め称える文体のこと。

【語源・由来】
「宗史」天祥伝より。南宋が滅ぼされていく中、南宋の文天祥は元(げん)に捕らえられ、元に仕えるように迫られたが、南宋への忠義を守り通して処刑された。文天祥の帯の中には、死に臨む賛の文章が残されていたという故事から。

【スポンサーリンク】

衣帯中賛(いたいちゅうのさん)の使い方

ともこ
健太くん。私、生徒会長に立候補するの。
健太
へえ。じゃあ、全力で応援するよ。
ともこ
本当?衣帯中賛を貫いてね。対抗馬は、健太くんが大好きな彼女だけど。
健太
ええっ。・・・全力でともこちゃんを応援するよ。

衣帯中賛(いたいちゅうのさん)の例文

  1. 衣帯中賛、世話になった彼を裏切ってまで出世したくない。
  2. 衣帯中賛、尊敬する人を蹴落とすことになるのならば、僕が辞退します。
  3. 衣帯中賛、僕が犠牲になったとしても会社を守ることになるのならば、それでいいです。
  4. 衣帯中賛、彼のおかげで今の僕があるので、彼のためならばこの身を投げうってもかまいません。
  5. 衣帯中賛、いつも僕を助けてくれるともこちゃんのためならば、がんばれます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事