一目十行【いちもくじゅうぎょう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一目十行

【読み方】
いちもくじゅうぎょう

「一目」は「ひとめ」とも読みます。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
一目見ただけで、十行の文章を読むことができるということから、書物などを速く読む力がすぐれていることのたとえ。
本を読むときに目を一度上下させるだけで十行分を読み取ることができる能力から、その人物の才気が優れていること。

【語源由来】
一目見ただけで、すぐに十行分を読むことができる意から派生し、読書家であるとともに聡明であることに用いられます。
梁(りょう)の簡文帝(かんぶんてい)は幼いころより理解力が人並み以上であって読書の際に一度に十行ずつ読んだという故事が由来です。

【類義語】
十行倶下(じゅうぎょうぐか)

【英語訳】
outstanding reading ability


一目十行(いちもくじゅうぎょう)の使い方

ともこ
よく図書館に行っているけど、昨年は図書館の本をどのくらい借りたの?
健太
昨年は学年で一番だったよ。
今年も現在のところ、学年一番だから、今年もいっぱい本を読むよ。
今日も3冊借りたよ!
ともこ
すごいね、量もすごいけど、読書のスピードも速いよね?
一目十行の頭の持ち主なんじゃない?
健太
でも、僕は運動もできないし、これがたった一つの誇れるところなんだよね。

一目十行(いちもくじゅうぎょう)の例文

  1. 長年本を読み続けていると読むスピードが上がり、一目十行の読書力を身につけることができた。
  2. 駅前の速読教室を通い続け、ページの斜め読みの能力がつき、一目十行の速読技術を身に付けることができた。
  3. 勉強ができる人物であるばかりでなく、常に周りの状況に鋭い感覚をもって対応する、一目十行の人物であった。
  4. 幼いころから一目十行の頭の持ち主で、今まで1万冊以上の書籍を読破している。
  5. 頭の回転も速く、感も鋭い彼は、一目十行の人物として知られ、新しい会社を立ち上げ、また新しいインターネットサービスを立ち上げた人物である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事