一文半銭【いちもんはんせん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一文半銭

【読み方】
いちもんはんせん

「半銭」は「きなか」とも読みます。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
ごくわずかの金銭。

【語源由来】
「文」「銭」は昔の通過・小銭の単位です。「少しの金も…しない」という意で、金惜しみするときに用いられることが多くあります。
「一文」とは、銅貨の穴あき銭1枚、銭1枚から派生して、わずかな金、ほんのちょっとの金という意味となり、さらに安っぽいものの意味も持っています。
「半銭」とは一文銭の半分(5厘)の意味で、一文と同じで、ごくわずかな金銭、ほんの少しのお金という意味です。
これが派生してほんのわずかなもの、ごくわずかの量・程度を表現しています。
一文銭の直径が一寸(ひとき)であることから、半銭を”きなか”とも読みます。

【類義語】
一紙半銭(いっしはんせん)
一銭一厘(いっせんいちりん)
二束三文(にそくさんもん)

【英語訳】
a small amount of money
meagre sum of money


一文半銭(いちもんはんせん)の使い方

ともこ
ピアノすごい上手だね!
いつ習ったの?
健太
実は僕のお母さんがピアノの先生をしていて、小さなころから教わっていたんだ。
一文半銭も使わずに覚えることができたんだ。
ともこ
うらやましい!
私なんか音符も読むことができずに、音楽苦手なんだよね。
健太
でも、お母さんは教え方が少し厳しくって、小さな頃は泣きながら覚えたんだよね。

一文半銭(いちもんはんせん)の例文

  1. 外国人の友人と楽しい生活が過ごせただけではなく、英語は一文半銭もかけずに学ぶことができた。
  2. 一文半銭といえども金銭を無駄にしてはならないという教え。
  3. 少ない給料をやりくりして、一文半銭で暮らしている。
  4. 大小いっさいのことについて、一文半銭もここの世話にはならず出ていく。
  5. 一文半銭も持たないようなホームレスが少なくなることを望みます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事