常備不懈【じょうびふかい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
常備不懈

【読み方】
じょうびふかい

「常に備えて懈(おこた)らず」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
常日頃から怠らず備えておくこと。

「常備」は、常に備えておくこと。「懈」は、おこたる。なまける。

【類義語】
・有備無患(ゆうびむかん)


常備不懈(じょうびふかい)の使い方

ともこ
健太くん。いつも荷物が多くて大変そうね。そのリュックサックには何が入っているの?
健太
地震とか、非常事態が起きた時のためのグッズが入っているんだよ。常備不懈だと、不測の事態が起こった時でも安心でしょう?
ともこ
それは安心だけれども、毎日その荷物を持って出かけるのは大変なことだわ。
健太
いざとなった時、大変じゃなければそれでいいんだよ。

常備不懈(じょうびふかい)の例文

  1. トップアスリートとして、常備不懈、常に万全の体調を整えているので、今日試合があっても大丈夫。
  2. 備えあれば憂いなし、常備不懈しておけば、何の心配もいらない。
  3. 災害は忘れたころにやってくる、常備不懈、常に危機管理は怠らないようにしましょう。
  4. 常備不懈、いつなんどきでも出動できるように心がけています。
  5. 病気になって、稼げなくなった時のためにも、常備不懈、貯蓄はしておくべきです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事